渡辺薬局

漢方薬・中国医学・不妊治療・健康相談・リスブラン [渡辺薬局]/山梨県・韮崎市・甲府市・南アルプス市・北杜市 ご相談について

漢方・渡辺薬局HOME > 漢方通信 >金銀花 No.36

金銀花 No.41〜No.42

金銀花 No.41:【更年期は過ぎたはずなのに・・・】

本当に長い梅雨でした。7月の日照時間は例年の30%とか。野菜や果物にも影響が出ていますので心配です。適度な雨と日光。だんだん難しくなるのでしょうか。

昨年、西瓜を作ってみたところ甘くて実もしまってとてもおいしかったので、今年も期待して植えてみました。ところが、ある朝こんな写真のような状態に。

だれの仕業か考えましたが・・・・アナグマ、アライグマ、ハクビシンなどなど。手先が器用に思えるのですが、だれだと思います?

【更年期は過ぎたはずなのに・・・】

更年期の症状というと、ホットフラッシュといわれる、急な発汗が印象的です。困ったことや人と話したり、あ、困った!!なんて、なにかスイッチが入ると、顔や頭、首の周りを中心にワーッと汗が出てきます。自律神経失調症と診断されることもありますが、年令と月経の様子で、更年期だから仕方ないね。といわれることも多いです。

閉経前後にホルモン補充療法を受ける方もいらっしゃいますが、一番の予防は年令とともに崩れるからだの陰陽のバランスを調節して行くことです。女性は妊娠、出産、閉経とからだのホルモンバランスの変化が大きいのが特徴なので、その時その時のからだに養生することで、心とからだの負担を軽くすることが大事です。

最近、70才をすぎて、もうとっくに更年期といわれる時期を越えた方の、汗やからだの熱感のご相談が増えています。からだが熱くていつも汗が出ている。ちょっと掃除機を掛けただけで汗がワーッと出る。それもほとんど上半身に出る汗です。いつもタオルや着替えを持って歩いているという方も多いんです。なぜでしょう?

年令が上がるとからだの水分量がどんどん少なくなります。50才で50%くらいになってしまうんです。生まれたばかりの赤ちゃんは90%が水分といわれますから、50年で半分になって、100才で0になるのかなあ(笑)

水分が不足するというと水をたくさん飲めば良いんですか?と聞かれますが、水をたくさん飲めばシワが伸びるということはないですし、浮腫むことはあっても、ピチピチお肌になるということもないですね。からだの細胞の中に必要な水分が充分に留まるというのが理想です。足がつれるというのも筋肉の水分不足ですね。

漢方薬には体水分を補う処方がいろいろあります。ほてりやのぼせの状態、耳鳴りとかドライマウス、ドライアイがあるかどうか。などでおすすめの漢方薬も変わってきます。

男性は若いときから汗かきのかたが多いですが、ホルモンの種類や変化が女性ほど大きくないので、年令とともに働きも弱くなって、逆に汗かきではなくなっていきます。割に短期間で改善することが多いです。汗でお悩みのときは、ぜひご相談ください。

→金銀花 No.42をPDFで見る

→眠れない・・・「よい眠りのために栄養補給を」を見る

 

金銀花 No.42:【冬こそ血管を守りましょう】

今年もあっという間に過ぎた感じがします。みなさまの一年はいかがでしたか?きっとよい思い出が増えたことと思います。

先日、精神科医の奥平智之氏をお招きして、薬剤師会主催の講演会を開催しました。「食べてうつぬけ」テケジョ女子を救え!栄養型うつ性に最適なのは、鉄や亜鉛、ビタミンやミネラルの補給。

みなさまもよくご存知の、カキ肉エキスオイスターとアスリーブはぴったりです。ストレスに強いからだを作っていきましょう。

【冬こそ血管を守りましょう】

ひとが生きていけるのは、つねに新陳代謝が行われていて、ATPというエネルギー物質が造られているからで、エネルギーが作られるためには、酸素と栄養が必要ですし、二酸化炭素や老廃物の排泄も重要なことです。

この新陳代謝がスムーズにおこなわれるように循環しているのが、血管のなかを流れる血液です。動脈には酸素と栄養、静脈には二酸化炭素と老廃物。生きている生命は必ずこの代謝と循環が行われています。

もし、血管が詰まって、血液の流れが止まってしまったら、それこそ大変なことになりますね。そして、血管のつまりといっても、つまる場所によって病気も違ってきます。

動脈は心臓や肝臓を通過しますから、血液の圧力も温度も高いので、血管の内部が傷つきやすく、コレステロールも溜まりやすいので、もし詰まったら脳梗塞、心筋梗塞、とか命にかかわる病気が出やすいのです。

静脈は血液が溜まるところですから、血流の圧力も温度も低いのですが、血流が遅いと血栓ができやすくなります。静脈瘤とか肺塞栓症(エコノミー症候群)、といった病気につながります。動脈でもなく静脈でもないけれど、一番代謝に関係している微小循環、毛細血管はとても小さな細い血管なので詰まりやすいのです。

赤血球は形を変形させて、この細い血管のなかを通り抜けるんですが、年令や糖尿病、脱水といったことで赤血球が変形できないと、細い血管はすぐ詰まって、多発性脳梗塞や認知症、末端冷え性などの病気も出やすくなります。

冬は血管も細くなりやすく、からだも冷えますので、血流を改善する「冠元顆粒」をおすすめします。からだに潤いを増やす「麦味参顆粒」「亀鹿仙」「杞菊地黄顆粒」など、体質に合わせて一緒にのんでいただくと、瘀血を予防できます。漢方薬と一緒に元気な年末年始をおすごしください。

→金銀花 No.41をPDFで見る

→新年の挨拶をPDFで見る

 

NEWS

実力薬局100選・2部門で受賞

[NEW] 2020年度実力薬局100選において「漢方相談薬局部門」「不妊・子宝部門」を受賞しました。

公式 Twitter

漢方通信「金銀花」

桂子先生が、漢方をわかりやすく解説している漢方通信です。

ご相談での来店についてのお願い

漢方のご相談にはお時間がかかります、込んでいる時間帯ですと、かなりのお時間お待ちいただくことになります。また、講演等で不在の場合もございます。ご相談で来店の際には、お手数ですが、ご予約いただきますようお願いいたします。

関連サイト

漢方関連サイト

→漢方体験.COM
→COCOKARA中医学
→冠元顆粒公式サイト
→COCOKARA中医学Facebook
→日本中医薬研究会

ページのトップへ戻る