渡辺薬局

漢方薬・中国医学・不妊治療・健康相談・リスブラン [渡辺薬局]/山梨県・韮崎市・甲府市・南アルプス市・北杜市 ご相談について

漢方・渡辺薬局HOME > 50代からの悩み > 血糖値

血糖値

血糖値とは血液中に溶けているぶどう糖の量のこと、からだのエネルギー源になる大切な成分

血糖値が高い状態が続くと糖尿病につながる

血糖値とは血液中に溶けているぶどう糖の量のことです。ぶどう糖はからだのエネルギー源になる大切な成分です。米やパン、麺類などの炭水化物やイモ類などのでんぷん類。果物に含まれる果糖など、糖分を含む食品はたくさんあります。果糖以外は最終的にぶどう糖に分解されて腸から血管内に吸収されます。

この時に、これ以上は吸収しないで体外に排泄するという制限が働けば、血液中のぶどう糖量は一定に保たれて糖尿病などにはならないのですが、入ってくる糖はすべて吸収するのが私たちのからだなので、血液中の糖分はどんどん上がってしまいます。

そこでインスリンというホルモンが血液中のぶどう糖を中性脂肪に変えて、肝臓や皮下組織などに貯蔵することで、血液中のぶどう糖の量を調整します。インスリンは血液中のぶどう糖の量は減らしますが、からだの中に脂肪として貯め込むので、どんどん太って肥満になります。

しかし、毎日血液中のぶどう糖が多い状態が続くと、インスリンを出す膵臓も疲れてきて充分な量を分泌できなくなったり、インスリンの効き目も弱くなってしまい血液中のぶどう糖の量は高いままになります。このままの状態が長く続くと、ぶどう糖で濃くなった血液を薄めようとたくさんの水分を飲むようになるので、血液をろ過して尿をつくる腎臓ではたくさんの水分を尿にする仕事が増えることと血管がぶどう糖でボロボロになることで、最終的にぶどう糖が尿にどんどん漏れ出るようになります。まさに糖尿病です。

からだが必要とするぶどう糖が無くなると、どんどん痩せてしまう

栄養となるぶどう糖がどんどん尿に出てしまうので、からだが必要とするぶどう糖が無くなり今度はどんどん痩せてきます。たくさん食べても全て尿に排泄されてしまいますから、いままで溜めていた中性脂肪をエネルギー源に変えていきますが、ケトン体という有害物質ができるために猛烈なだるさや脱力感、吐き気が出ます。このままほっておくと死ぬこともあるのです。

また、血液中の赤血球は本来、動脈血では酸素(O₂)と、静脈血では二酸化炭素(CO₂)と結合してからだのガス交換をしていますが、血液中のぶどう糖が増えすぎると赤血球はぶどう糖と結合してしまいます(HbA1c)。一度結びついたら、赤血球の寿命が終わるまで離れることはありません。そのため、血液は酸素も二酸化炭素も運搬できず細胞が酸欠状態になり、からだの末端から壊死していきます。恐いですね。糖尿病には遺伝性や体質によるインスリン依存型があります。この場合は生活習慣とは関係ないので、適切なインスリンの管理で普通に生活できます。

血糖値の原因

<1>食べ過ぎや飲みすぎなど高カロリーが持続して血糖値が上がる場合。多くは肥満を伴います。

<2>運動不足

血糖値の症例

68才 男性

40代に健康診断で血糖値が高いと指摘されていたが、自覚症状もないので生活習慣もとくに変えないまま15年ほど経過してしまった。

状況

飲酒習慣もあり付き合いも多く高カロリー食が続き、HbA1cが6.0以上になったころから血糖値を下げる薬を内服している。50代のときは体重も多く、何回かダイエットも試みたが続かない。最近は年令とともに体重も減少傾向なので良い方向だと思う。不眠と足の冷えが気になっている。運動は苦手であまりしない。

糖尿病の恐いところは、限界まであまり自覚症状が出ないことです。体重は年令とともに減少傾向なので本人は満足しているようです。糖尿病の本質は血管の病気ですが、先ず毛細血管から傷ついていきます。末梢の血管の血流が悪く、血液中のガス交換も充分にできないので、足の冷えが出ているのでしょう。脳内の血流が悪いと睡眠にも影響が出ます。

糖尿病は完治することはありませんので、初期で血糖値が高め。という段階で気をつける以外に治す方法はありません。血糖値は内服薬で安定していますので、漢方薬では随伴症状の改善を考えていきます。血流を改善しドロドロ血を薄めながら流すことと、血管を丈夫にしていくことが重要です。余生を充分に楽しむために健康年齢を長くしていきましょう。

NEWS

実力薬局100選・2部門で受賞

[NEW] 2019年度実力薬局100選において「漢方相談薬局部門」「不妊・子宝部門」を受賞しました。

公式 Twitter

漢方通信「金銀花」

桂子先生が、漢方をわかりやすく解説している漢方通信です。

ご相談での来店についてのお願い

漢方のご相談にはお時間がかかります、込んでいる時間帯ですと、かなりのお時間お待ちいただくことになります。また、講演等で不在の場合もございます。ご相談で来店の際には、お手数ですが、ご予約いただきますようお願いいたします。

関連サイト

漢方関連サイト

→漢方体験.COM
→COCOKARA中医学
→冠元顆粒公式サイト
→COCOKARA中医学Facebook
→日本中医薬研究会

ページのトップへ戻る