渡辺薬局

漢方薬・中国医学・不妊治療・健康相談・リスブラン [渡辺薬局]/山梨県・韮崎市・甲府市・南アルプス市・北杜市 ご相談について

漢方・渡辺薬局HOME > 身体の不調 > 耳鳴り、難聴、突発性難聴

耳鳴り、難聴、突発性難聴

多くの人が悩んでいる耳鳴り、「耳はすべての脈が集まるところ。腎の経絡に通ずる」です

耳鳴りが悪化しないために漢方薬をおすすめします

実際には音がしていないのに、何かが聞こえるように感じることを耳鳴りといます。ひと口に耳鳴りといっても、個人差がとても大きく症状もさまざまです。現在600万人ものひとが耳鳴りに悩んでいるという報告があります。

若い人が感ずる耳鳴りと高齢の方が感じる耳鳴りとも違いますし、体力のある人の耳鳴りと体力のないひとの耳鳴りも違います。命と直接関係ないことも多いので、あまり重症な病状ともいえず、何となく放置していることも多いでしょう。

耳鳴りがひどくなると一日中音がするので精神的に大きなストレスになります。耳鼻科を受診しても根本的な治療方法がないので経過観察が多いようです。年令とともに発生する耳鳴り、難聴は完治することはほとんど期待できないのですが、それ以上悪化しないように漢方薬をおすすめします。

耳鳴りの原因は非常に多い

耳に入った音は信号に変化して耳介→外耳→鼓膜→内耳→神経→脳へと伝わっていきます。

この過程ではどこにトラブルが起きても耳鳴りが発生します。耳鳴りの原因は非常に多く、ケガや騒音、長期間のイヤホンで大音量、中耳炎、耳管狭窄、鼻炎、蓄膿症。高血圧、動脈硬化、糖尿病、うつなどの精神疾患、メニエル氏症候群、睡眠不足、過労、飲酒、ストレス、服薬など、数えきれないほどあります。

これらの病気や原因が改善すると耳鳴りもなくなることがありますが、加齢とともに生ずるものや職場の騒音、長期間に及ぶ大音量のイヤホンの利用などで内耳の組織の一部、蝸牛管にある感覚細胞の有毛細胞が倒れたり脱落してしまっている感音性耳鳴りの場場合は非常に回復が難しく、中耳炎や鼓膜の損傷などによる外耳から中耳にかけての障害が原因の伝音声耳鳴りや治りやすいといわれています。耳鳴りには難聴を伴うことが多いですが、原因も根源が同じ場合も多々あります。

ストレスや怒りの感情を解決して対応

中医学では、「耳はすべての脈が集まるところ。腎の経絡に通ずる」と考え、内臓のバランスが崩れて起こる耳鳴りに対応しています。風邪をひいて耳鳴りが起こった場合は鼻を強くかむとか鼻詰まりが原因のことが多いので、風邪が長引かないように鼻や咽喉の炎症を解消しましょう。

長年胃腸が弱く、下痢や便秘などスッキリ排便できない、疲れると悪化する、耳の閉塞感を感じて頭重があるときには「湿」「痰」が影響していることが多いので、消化器を丈夫にしてからだの水分代謝を改善すると耳鳴りがよくなります。

非常に強いストレスや怒りを感じたあとに起こり、のぼせや目の充血、口の苦味などを伴い、突発性難聴と診断されることも多い耳鳴りは大きな感情の高ぶりが原因になることもあります。「肝」の経絡が影響していますのでストレスや怒りの感情を解決するような漢方薬を使います。

常に「腎」を補い「抗老防衰」を

年令とともに起こる耳鳴りは小さな音から始まります。年令を重ねるに従い耳鳴りも大きくなり難聴も起こってきます。

年令とともに起こる耳鳴りは完治することは難しいですが根気よく「補腎」することで悪化するスピードをゆるめたり、養生することで改善していきます。何といっても「抗老防衰」の方法をおすすめします。

老化が早いとそれだけからだの不調も早くなりますので、常に「腎」を補うことが老化防止に繋がります。

耳鳴り、難聴、突発性難聴の症例

59才 女性

忙しい生活で睡眠不足が続いていたところ、ある朝、耳鳴りとともにテレビの音がよく聞こえないことに気付き耳鼻科を受診したところ、突発性難聴と診断されました。アデホスコーワ、ケタス、ピラノアなどを処方されて1週間服用したが改善しないので相談に来られました。

状況

顔がのぼせて手足のほてりを感じます。便は一日に2~3回ですっきりしません。疲れると悪化するように感じて、このままきこえなくなるのではないかと不安になります。

経過

睡眠不足が続き、疲れもかなり溜まり軽い更年期症状も重なっていました。頭頂部の血流を改善する漢方薬とのぼせや疲れ、心身不安に良い補腎薬を中心に服用していただき充分にからだを休めていただくようにお話をしました。お食事も脂ものや、揚げ物は控えて魚に煮野菜、冷たい物を避けていただいたところ、5日目にはすっきりしました。

NEWS

実力薬局100選・2部門で受賞

[NEW] 2019年度実力薬局100選において「漢方相談薬局部門」「不妊・子宝部門」を受賞しました。

公式 Twitter

漢方通信「金銀花」

桂子先生が、漢方をわかりやすく解説している漢方通信です。

ご相談での来店についてのお願い

漢方のご相談にはお時間がかかります、込んでいる時間帯ですと、かなりのお時間お待ちいただくことになります。また、講演等で不在の場合もございます。ご相談で来店の際には、お手数ですが、ご予約いただきますようお願いいたします。

関連サイト

漢方関連サイト

→漢方体験.COM
→COCOKARA中医学
→冠元顆粒公式サイト
→COCOKARA中医学Facebook
→日本中医薬研究会

ページのトップへ戻る